26 7月

ラネーフスカヤ役の方

劇団「地点」の「桜の園」の公演で、悲劇のヒロイン・ラネーフスカヤ役の方がかっこよかったです。彼女の年齢は40代でしょうか。引き締まった美しい顔には、白塗りのメイクと赤い口紅がとても似合っていました。目はくりっとして大きく、少し外国人のように彫が深いです。脚が少しあらわになりましたが、若々しい肉付きで私もあんな風に年を重ねたいと思いました。
打ち込むことがあるっていいな。
演技についてはよくわからないのですが、特徴的な話し方を上手くマスターしていました。「わ、たしは、わっからない!」と歌うように、チェーホフの馴染み深いセリフが楽しく表現されていました。ハハハハ、と笑う時の少し恐ろしいような顔も見ごたえがありました。